FOOD&COMPANY

BLOG

F.L.O.S.S. Food Guideline:
皆様にとっての「Organic」とは?

2014.09.01|BLOG, F.L.O.S.S.

  • SHARE
  • share_fb_off
  • share_twitter_off

 organic

早いもので、暦の上ではすでに秋。皆さんいかがお過ごしですか?FOOD&COMPANYは今月、3月のオープンから半年を迎えました。数あるお店の中から私たちを選んで来て下さる常連のお客様、遠くから応援してくれる方、最高の食材を届けてくれる作り手たち、裏方で私たちをどっしり支えてくれている数多くのパートナー。本当に多くの方々のサポートのもと、私たちはこうやって今日もお店を開けられているんだ、と改めて実感する今日この頃。私たちは、本当に幸せ者です。改めまして、皆様本当に有り難うございます。

そんなFOOD&COMPANY、来る3ヶ月間は「Organic」テーマに様々な発信をして参りたいと企画しています。

色んな定義や考え方がありますが、私たちはシンプルにOrganicとは「周りの環境と丁寧に向き合う姿勢」だと捉えています。自分を取り巻く環境と、そしてそこに居る様々な関係性の人達と複雑に交わりあいながら一つの空間や時間を一緒に作り上げている、という意識。だから自ずと「Organic」な姿勢をもつ人は、できるだけ周りの環境に配慮した栽培方法で野菜を作るし、自分だけが得をする価格の低さや美食だけの追求ではなく、周りのみんなもハッピーになれるような最善の選択肢を模索する。そう言った、自分が置かれている周りの環境にしっかりと目を向け、対話し、真摯に丁寧に向き合おうとする姿勢が「Organic」の一つのかたちだと私たちは考えています。

あらゆる場面で使われるようになり、ある種のファッションとなった「Organic」という言葉。一つの入り口としてのファッションはありだけど、それがそれで終わる事なく、私たちの中にずっしりとした根っこを張り、ちゃんと継承されていく道を見つけ出す事が私たちのような小売店の役割だと考えています。

 「Organic」食品において、私たちが大事にしたいのは有機JASのような認証の有無ではなくて、誰がどうやって作ったのか、というシンプルなこと。オーガニックを頭でっかちに考えず、もっと多くの方に日常的そして継続的な選択肢として捉えて頂けるよう、楽しくてワクワクする、身近なオーガニック食品店のあり方を日々模索しています。
9、10、11月の3ヶ月間、お店の内外を通して、色んなOrganicのかたちをお伝えしていけたらと思います。どうぞ、お楽しみに
皆様にとっての「Organic」とは?ぜひ、皆様のご意見をお聞かせください。

photo by Hideaki Hamada

 F.L.O.S.S. ガイドラインについて: http://www.foodandcompany.co.jp/guideline