FOOD&COMPANY

EVENTS

南インド料理レストラン「ガネーシュ」さんのダールカリーレッスン

2017.08.11

夏の日差しが感じられるようになってきた今、カレーで暑さを吹き飛ばしませんか?
8月22日(火)、横浜の南インド料理店「ガネーシュ」の石原佳子さんをお迎えし、ダール(豆と野菜のカリー)のスパイスセットを使ったワークショップを開催いたします。

南インド料理とは…
広大なインド亜大陸を大まかに北と南に分けて考えたときに、北の主食は小麦、パンに合うとろみがあり、バターやクリームなどでコクをだすリッチなカリー。
それに対し南は日本と同じ米が主食、ご飯に合うサラリカリーです。ココナッツなど植物性中心にコクと甘みを出し、酸味と辛味のバランスが絶妙です。南インドは菜食主義者が7割と言われ、野菜や豆料理が豊富でヘルシー。毎日食べても飽きない味付けの奥深さを感じることができます。

dal-2

今回、ガネーシュさんにご用意していただくのはスパイス感たっぷりのダールカリー。ダールカリーの「ダール」とは豆という意味ですが、皮をむいた挽き割りの豆という意味にも、またそれを煮た料理の名前にも使われます。日本でいう味噌汁の様な存在で、インドではほぼ毎日食べられています。今回使用するムーングダール(緑豆)は大変消化がよく、夏場の暑さで消化力が落ちている時にもおすすめできる身体に優しいカレー。野菜を入れてメインのカレーとして、または水分を多めにポタージュの様に仕上げても美味しくいただけますよ。ムーングダール(緑豆)以外にも手に入りやすい豆や組み合わせる野菜も色々とご紹介していただきます。

日本の気候に合わせ、健康的で日本人が美味しいと思う味を考えながらひとつひとつ丁寧に手作りされたガネーシュさんの南インド料理は辛さの中に旨みがギュッと詰まっていて、夏にぴったりの刺激になることでしょう。今回は、お土産として家でダールカレーが作れるダールカレーセットを参加者の皆様にプレゼント。スパイスについて詳しく説明していただき、ご用意していただいたおいしい料理をいただきながら、たっぷりと南インド料理について学びましょう。

ワークショップ内容
使用するスパイスや豆についてのお話
石原さんによるダールカリーのスパイスセットを使ったデモンストレーション
料理内容(レシピ付き)
・トマトとタマネギのアチャール(浅漬け)
・ライタ(ヨーグルトサラダ)
・キーマカリー(鶏挽肉のカリー)
・チキンカリー
・バスマティライス
ご試食タイム
質疑応答
※内容は一部変更になることがありますので、ご了承くださいませ。

日程:8月22日(火曜日) 11時〜12時30分
定員:8名
参加費:4000円(税込み)※ダールカレーが作れるダールカレーセットのお土産つき
持ち物:エプロン ※石原さんによるデモンストレーション形式のため、ご参加いただいた皆様による調理はございません。食材が撥ねたりする場合がございますのでエプロンをご持参ください。

※チケットを同時に複数枚ご購入される際、参加者全員のお名前を備考欄にご記入くださいませ。
※お客様のご都合によるキャンセルの場合、原則としてお申し込み後のご返金は承っておりませんので、何卒ご了承ください。
※チケットご購入後、「email hidden; JavaScript is required」よりご購入確認のメールがお客様に届きます。電子チケットのため、そのメールをもって商品発送とかえさせていただきます。

チケットの購入はこちら